頭皮元気くん.com

抜け毛や薄毛、頭皮の病気を解決!育毛を成功させましょう!

【正しい育毛剤の使い方】より効果を発揮できる方法について

      2017/09/12

髪の芯や根元、頭皮から改善して黒く太い立派な髪を取り戻せる!


 

育毛シャンプーは実績がある。

今や育毛シャンプーは様々なタイプが販売されるようになりました。

 

ほんの数年前までは今ほどメジャーな存在ではなかったような気がします。

 

数年の間に一般的になった背景には、やはり育毛効果があるという実績を出し続けているんだと思います。

 

育毛シャンプーの正しい使い方をされていますか?

そんな育毛シャンプーですが、今この記事を見ている中で使用しているというアナタは正しい使い方をされていますか?

 

育毛シャンプーを使って、普段通り洗っても《間違った使い方》とまではなりません。

 

しかし、育毛効果を出したくて使うんですから、普段通り洗うのはもったいないです。

 

育毛シャンプーのもっと効果を発揮できる正しい使い方

髪を濡らして育毛シャンプーでゴシゴシとするよりも、もっと効果を発揮できる正しい使い方を記載します。

 

ブラッシングをしてから髪を洗う

ブラッシングをしてから髪を洗うと、ホコリやチリが落とせます。

 

古くなった角質も頭皮からはがせますよ。

 

ブラッシングで落とせる分の汚れや不純物を取り除く事で、育毛シャンプーの成分が、より浸透しやすくなります。

 

シャワーで髪を濡らしてください。

ブラッシング後にはシャワーで髪を濡らしてください。

 

普通のシャンプーと変わらない事ですが、ただ濡らすだけではありません。

 

髪の毛を分けながら伸ばしながら、すすぐように濡らしてください。

 

シャンプーを手に取り、手の上で泡立たせます

シャンプーを手に取り、手の上で泡立たせます。

 

100円均一に売ってある泡立て用のネットを使うと簡単ですよ。

 

頭で泡立てるのはやめてください。

 

摩擦で髪の毛にダメージを与えてしまいます。

 

シャンプーの際には、爪を立てずに指の腹でマッサージをするようにしてください。

 

美容室や理容室でシャンプーをしてもらうのを思い出しながら真似てやると、やりやすいですよ。

 

丁寧に洗い流してください

シャンプー後には洗い流しますが、丁寧に洗い流してくださいね。

 

シャンプーが残ってしまっては意味がありません。

 

リンスやトリートメントは使う必要はありません。

 

育毛シャンプー自体に髪の毛を保護する成分と、保湿する成分が入ってますので。

 

今回のまとめ

今回は育毛シャンプーの正しい使い方について書きました。

 

結構、普通のシャンプーのように使われている人もおられるのではないでしょうか?

 

髪を洗う前にブラッシングをして、育毛シャンプーを手の上で泡立て、すすぎは丁寧にする。

 

リンスやトリートメントは不要。

 

これらの事を実践された方が、より育毛シャンプーの効果を発揮できますよ。

 

薄毛や抜け毛の悩みを解消したくてせっかく購入した育毛シャンプーですから、より効果を発揮できる正しい使い方を実践してみてください。

 

髪の芯や根元、頭皮から改善して黒く太い立派な髪を取り戻せる!!


 - 育毛シャンプー, 育毛グッズを探す, 髪と頭皮のメンテナンス